シアリスを常備し旅行に行く男性

シアリスは服用してからの持続時間が長い薬となっているので旅行などに行かれる時に最適です。また、高脂肪食品を避けて食事をすればそれほど効果には悪影響を受けません。持続時間の長いシアリスを使って性行為を楽しみましょう。

先発薬のシアリスと同じ成分のED治療薬

医薬品は、先発の医薬品と後発の医薬品に分類できます。先発の医薬品というのは一般に新薬と呼ばれる薬のことです。つまり、まずは企画されて開発、さまざまな実験や臨床治験を繰り返して承認に至り市場に流通するのが先発医薬品です。

先発医薬品には製造特許がありますから他の製薬会社が同じ内容・成分の薬を製造することはできませんが、特許期間が満了すればその制約が外れます。そうして製造されたのが後発医薬品で、後発医薬品はジェネリック医薬品と同じ意味です。

ここで、ED治療に使われるシアリスという薬があります。バイアグラ、レビトラに次いで開発された先発医薬品のED治療薬です。

シアリスの主成分はタダラフィルで、勃起の終息時に作用する体内酵素の働きを阻害する薬効があります。酵素の働きをブロックしてEDを改善する仕組みはバイアグラやレビトラと同じなのですが、シアリスの主成分タダラフィルには、効果が長続きし、体内に吸収後は食事が影響しないという特徴があります。その特徴により、食事が影響しやすく効果が短いバイアグラやレビトラのように時間を気にしながら性交渉を済ませるプレッシャーがなくEDに悩む男性に大変人気です。

シアリスにも後発医薬品つまりジェネリック薬があり、世界各国で製造されています。特にインドにはジェネリック薬専門の製薬メーカーが多く、シアリスについてもタダリス、タダシップ、タダリフト、メガリス、フォーゼストといったジェネリック薬が製造されています。

ジェネリック薬の特色として、先発医薬品と同じ内容でありながら薬価がかなり安価ということがあります。これは、既にわかっている内容の薬を製造するジェネリック薬では先発医薬品のような開発コストがかからないからです。シアリスを使ったED治療を経済的な理由で断念せざるを得ないというケースでは、ジェネリック薬を使うという方法もあります。